カウンセリング

日常生活でお困りの動き、症状について確認していきます。

「歩きにくい」
「姿勢が不安定」
「手が使いにくい」

訴えは同じであっても、問題の起きている姿勢や動きに違いがあることも多いです。

いつ、どこが、どのように動きにくいかなど、詳しくお話を伺わせていただきます。

要因を知るため経過、病変部位、サービス利用、薬歴などもお聞かせいただくこともあります。

なるべく詳しいお話を分かる範囲でお聞かせいただきたいと思います。

評価

実際に姿勢・動きを確認し、問題となる現象を絞り込みます。

・効率的 ↔ 非効率
・速い  ↔ 遅い
・安定  ↔ 不安定
・対称  ↔ 非対称
・力強い ↔ 弱々しい
・意識  ↔ 無意識

姿勢・動きの個別性を捉え、考えられる要因を説明させていただきます。

その後、施術方針や内容についてお伝えいたします。

説明に納得の上、施術に入っていきますので、疑問点や不安なこと・ご要望などがありましたらお気軽にお伝えください。

施術

一人ひとりの症状にあわせ施術を行います。

施術を通して、運動・感覚の変化を共有しながらアプローチを進めます。

正常運動・神経科学の知見をベースとし、徒手による筋肉へのアプローチを中心に行います。

下記をポイントに施術をいたします。(専門的かと思いますので参考までに)

・体節の位置関係
・動きのつながり
・近位の安定性と遠位の運動性
・筋動員パターンとタイミング
・筋肉の収縮様式
・運動速度
・運動中の労力
・疲労と持久力
・予測的な姿勢コントロール
・代償的な姿勢コントロール

再評価

問題となる現象の姿勢・動きを再確認します。

ご提案等

効果を持続させるための自主トレーニング、普段の生活で気をつけてほしいことなどをお伝えさせていただきます。

また、同時に必要に応じて次の施術内容をご提案させていただきます。

おわり

会計をさせていただき、終わりとなります。

次回予約の希望がありましたら、ご相談ください。