【片麻痺】 肩甲骨の安定性に関係する筋肉

肩甲骨の安定性は、移動や上肢機能の回復のために重要です。

・「腕が重たい」
・「肩が痛い」
・「肩が重くて歩きにくい」

肩甲骨の不安定性がみられる片麻痺患者さんは、さまざまな臨床像を呈します。

・麻痺側肩甲骨の翼状肩甲
・前鋸筋や僧帽筋下部の短縮
・上肢屈筋の過活動

個々のケースに生じているアライメントや動きの問題解決のためにも、肩甲骨の安定性に関係する筋肉の理解は大切です。

【肩甲骨】安定化と回転に関係する筋群

安定化と回転に関係する主な筋肉は4つです。

後面からの肩甲骨のアライメント評価から、翼状肩甲がみられる患者さんは、前鋸筋に短縮・弱化を呈していることが多いです。

また、リーチ動作に肩甲骨挙上の代償動作がみられる患者さんは、肩甲挙筋・僧帽筋上部に短縮・過活動となっていることも多く経験します。

アライメントと動きの関連性を捉えつつ、筋肉の不均衡や不活性を探していけると良いかと思います。

【肩甲骨】肩関節の外在筋

肩関節の外在筋は3つです。

臨床経験では、肩甲骨上方回旋の制限により、リーチ動作時に上腕二頭筋の長頭部にインピンジメントを生じるケースもいました。

この場合、「安定化と回転に関係する筋群」の不活性が、肩関節の外在筋の痛みにつながっていたと考えられます。

この場合、セラピーは安定化と回転に関係する筋群の活性化から、リーチ動作の上方回旋の動きの制御を高めることが大切でした。

【肩甲骨】ローテーターカフ・肩甲骨の内在筋

肩甲骨の内在筋であるローテーターカフは4つです。

内在筋としての肩甲骨の安定に貢献します。

これら筋群に弱化・低緊張がみられると、関節窩と骨頭の動きの制御が不十分となり、外在筋の代償活動につながることが考えられます。

細かな筋肉で触診が難しいかもしれませんが、丁寧に確認していきましょう。

上方・下方回旋の運動パターン

肩甲骨の上下方回旋パターン[2]が示されています。

リーチの肩関節角度に応じて、回旋パターンに変化がみられることは臨床的に重要です。

片麻痺患者さんは、リーチにあわせた肩甲骨の上方回旋が不十分であることを経験します。

安定性に関係する筋肉の活性化を図り、動きの制御につなげていくことが大切です。

【片麻痺】リーチ動作の特徴

片麻痺者のリーチ動作動作の特徴[3]が示されています。

肩甲骨の安定性に関係する筋肉を理解し、パフォーマンスにつなげていくことが最重要です。

肩甲骨を運動連鎖の視点で捉えると、下肢や体幹からのエネルギーが上肢・手指の操作性にまで伝わることを目指します。

個々の片麻痺患者さんの特徴を捉え、関連する筋群のセラピーをすすめていけると良いかと思います。

まとめ

本日は、【片麻痺】 肩甲骨の安定性に関係する筋肉というテーマで書きました。

肩甲骨の安定性は、移動や上肢機能の回復のために重要です。

筋群の構成要素を理解し、動作との関連性を分析しつつセラピーを進めていきましょう。

 

以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

少しでも明日の臨床につながれば幸いです。

References

1.W B Kibler.The Role of the Scapula in Athletic Shoulder Function.Am J Sports Med. Mar-Apr 1998

2.Paul A. Borsa,et al.Scapular-Positioning Patterns During Humeral Elevation in Unimpaired Shoulders.Journal of Athletic Training,2003

3.P Archambault et al. Recruitment and sequencing of different degrees of freedom during pointing movements involving the trunk in healthy and hemiparetic subjects.Exp Brain Res.1999