【片麻痺・高齢者】 転ばないためには歩く速さが大切!

片麻痺者・高齢者にとって、転倒予防は永遠のテーマです。

・最近つまずきやすい
・転びそうになることが増えた
・転んでしまった

一度、転んでしまうと「また転んだらどうしよう…」と、心配になりますよね。

転倒予防には、『どれくらい速く歩けるか』は大切なポイントです。

速く歩くには、筋力、バランス能力、体力がなければできませんよね!

シンプルですが、速く歩けるということは大事なことです!

横断歩道を渡りきれないと、転倒に気をつけよう

速く歩くことは大事なことですが、どれくらいの速さで歩ければわかりませんよね。

わかりやすいのは横断歩道です!

皆さん、横断歩道を余裕を持って渡りきれますか?

横断歩道は、秒速1mくらいで渡りきれるように調整されています。

横断歩道が間に合わなくなってきたら、転倒に注意ましょう!

【片麻痺者】歩く速さと自立度

歩くスピードが狭い人ほど、活動範囲は狭いです。

考えてみれば当たり前の話ですが、目標となる数値があることは大切です。

屋外を安全に歩く速さはどれくらいでしょうか?

10mメートルの歩く速さ:約12.5秒

 
上記の速さを目安にしてみると良いかと思います!

安全に歩けることが一番!

歩く速さは大切ですが、一番は安全に歩けることです。

ゆっくりでも、転ばずに歩ける方は大勢います。

転倒は予防することが何より大切ですので、一つの指標として「自分の歩く速さ」を知っておくことが重要だと考えます。

そして、転倒の可能性がある場合は、家族にも共有できると良いと思います。

まとめ

本日は、【片麻痺・高齢者】 転ばないためには歩く速さが大切!というテーマで書きました。

歩く速さは、転倒予防の指標のわかりやすい一つです。

日常生活でも意識をすれば簡単に知ることができます。

歩く速さを知り、転倒を防ぎ、いつまでも動ける身体を維持しましょう!

 

以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

References

1.Gert Kwakkel et al.Effect of duration of upper- and lower-extremity rehabilitation sessions and walking speed on recovery of interlimb coordination in hemiplegic gait.Phys Ther. 2002