【片麻痺】 上肢・手のリハビリは感覚が大切

片麻痺の上肢・手のリハビリを効果的に進めるためには感覚の理解が大切です。

・「つかみにくい(感覚)」
・「つまみにくい(感覚)」
・「動きにくい(感覚)」

上肢・手の巧緻性・操作性に関する訴えは、「感覚の要素」を含んでいると言えます。

脳卒中後の上肢・手の機能回復を高める上で、感覚を理解することが大切といえます。

上肢トレーニングと脳の可塑性

脳卒中後の上肢・手の機能回復に脳はどのように関与しているのでしょうか。

両側の感覚野が関与している

ここはポイントです。

日常生活の手を考えてみます。

・箸操作(片手動作)
・PC操作(両手動作)
・家事動作(両手動作)
・書字動作(片手動作)
・靴下の着脱(両手動作)

課題によって、片手動作・両手動作は様々です。

両側の感覚野が回復に寄与することを考えると、上肢トレーニングも工夫が生まれます。

麻痺側の上肢・手の感覚に問題を呈する場合、非麻痺側で「どのような感覚か」と動きのコツを確かめてみるのも有効かもしれません。

【片麻痺の上肢・手】視覚と体性感覚の統合

上肢・手の操作には、視覚と体性感覚の統合が大切です。

視覚情報が不足している場合、もしくは体性感覚に低下がある場合は、手の巧緻性は低下することが考えられます。

手の巧緻性が低下している場合、視覚と体性感覚の評価が重要です。

【視覚】
視力
視野
視線
距離感
立体感
中心視or周辺視 など
【体性感覚】
表在覚
深部覚
二点識別覚 など

上肢・手の動きにくさの要因を整理することが大切と言えます。

運動学習の過程

上肢・手のリハビリに課題を用いる場合、はじめは上手にできないことが多いです。

ですが、「動きのコツ」をつかむには段階があることを知っておきましょう。

つまり、回数を反復しなければ、学習効果は評価できません。

学習過程を理解し、リハビリの課題・期間・時間を考えていくことが大切です。

リハビリの課題・期間・時間の標準化は難しい?

「〇練習を、〇期間、〇時間行えば、☆に回復します。」と断言できたらいいですよね。

ですが、難しいのが現状かと思います。

その理由は、一人ひとりの運動は、記憶・経験・学習に基づいているからです。

手の動作から考えてみます。

日本人:食事は箸操作(片手動作)
欧米人:食事はナイフ&フォーク(両手動作)

日本人より欧米人は、箸操作の課題は難しいことは明らかです。

これは極端な例ですが、「課題・期間・時間」は個別設定が重要であると言えます。

まとめ

本日は、【片麻痺】 上肢・手のリハビリは感覚が大切というテーマで書きました。

上肢・手の機能回復を考える上で、麻痺側のみならず、非麻痺側の感覚の影響も捉えていくことが重要と考えます。

観察される現象から感覚運動を推論し、アプローチを進めていくことが大切です。

 

以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

少しでも明日の臨床につながれば幸いです。

References

1.G Nelles et al. Arm training induced brain plasticity in stroke studied with serial positron emission tomography.Neuroimage.2001

2.Sung Ho Jang et al.Cortical reorganization induced by task-oriented training in chronic hemiplegic stroke patients.Neuroreport.2003

3.Laurie Lundy-Ekman.Neuroscience – E-Book: Fundamentals for Rehabilitation.Elsevier Health Sciences, 2017 pp320-321

4.Ulrike Halsband et al.Motor learning in man: a review of functional and clinical studies.J Physiol Paris.2006