デイサービスのリハビリ効果

定期訪問している帯広市のデイサービスとてっぽの丘るくる様(以下るくる)の事例紹介です。

・「腕を振って歩きたい」
・「杖を使わないで歩きたい」

運動意欲が高く、いつも積極的にリハビリに取り組まれている方です。

過去に脳出血を経験され、軽度の右片麻痺はありますが、「杖なしでリズミカルに歩くこと」を目標とされています。

るくるでは、利用者のニーズ・目標に合わせて最適なリハビリを提供します。

また、定期的な身体評価を行い、リハビリ進捗に応じてプログラムを調整します。

はじめに、歩行評価です。

歩行観察 杖なし歩行

はじめに、10m歩行テストを評価しました。

このテストは、10mをできる限り速く歩き、歩数・時間を計測します。

結果は、歩行速度の改善や機能の回復をモニタリングするのに役立ちます。

杖なし歩行は、30歩/15.70秒でした。

歩行観察 両手杖歩行【約1ヶ月前】


普段は両手杖歩行で自立されています。

動画は、約1ヶ月前の歩行となります。

10m歩行テストは、両手杖歩行では31歩/18.45秒でした。

・両手杖歩行:31歩/18.45秒(約1ヶ月前)
・杖なし歩行:30歩/15.70秒

定期的な評価を行うことで、歩行機能の維持・向上をモニタリングすることができます。

「杖を使わなくても、1ヶ月前より速く歩くことが出来ていますよ」

このように客観的な評価結果を利用者様へお伝えできればモチベーションUPにもつながります。

定期評価と個別リハビリ

・姿勢/バランス
・可動性
・筋肉の働き
・痛み

個別評価を行い、アプローチします。

身体のコンディションは、体調や痛みなど、その時々によって変化があります。

その時の身体に必要とされるアプローチを行います。

スライドは、右側の肩甲骨ー体幹ー骨盤の動きの連携を強化しています。

リハビリ機器を使用したトレーニング

リハビリ機器を使用したトレーニングをしています。

るくるでは、道東初導入のリハビリ機器(スペースワンダー:株式会社テクノブレイン社製)を使用しています。

・ハーネスによる三点固定
・ゴムの張力による免荷
・吊り輪による上肢運動サポート

3つの特徴により、転倒の心配がなく安心してダイナミックなバランストレーニングを行うことができます。

施設スタッフのサポートにより楽しく安全にできる運動を提案しています。

まとめ

るくるでは、

・リハビリ専門職による個別評価
・リハビリ機器を使用した運動

によって一人ひとりの利用者様にあわせた運動を提案しています。

一人では難しい動きもサポートがあれば安全にリハビリができます。

デイサービスで、歩きやすい身体の変化を実感しましょう!

以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

お問合せ先

【デイサービスセンター とてっぽの丘るくる】

無料体験・施設見学の希望等、お気軽にご相談ください。
電話番号:0155-25-4165(担当:藤田)

【十勝帯広 脳卒中後の整体】
MotorSense(モーターセンス)
代表 伊藤 広和
営業日時:17:40〜20:00(平日)/9:00〜20:00(土日祝)

【お問い合わせ】
☏:070−2432−6567
お問い合わせフォーム

【LINE公式アカウント】

友だち追加