【歩行制御】立脚期を調整する体性感覚情報の役割

末梢から入力される体性感覚情報は、立脚期の安定性と動きの調整に貢献します。

歩行における予測的な動きの制御、ときに予期せぬ動きに素早く反応することが求められます。

「足が重たい」
「足が引っかかる」
「支えが弱い」

臨床場面では、「歩きにくさ」の訴えはさまざまです。

患者さんの訴えから、リアルタイムに変化する体性感覚情報を推論し、最適なアプローチへつなげることが大切と考えます。

【歩行制御】体性感覚のフィードバック

セラピーに求められるのは、パフォーマンスにつながる体性感覚情報です。

・脊髄上入力(脳)
・CPG(脊髄)
・フィードバック(運動/感覚)

歩行制御は、3つのサブシステムの相互作用により調整され、最適化されています。

ではセラピーで課題となるのはどのような場面でしょうか。

【片麻痺歩行の立脚期】
・股関節の伸展
・足関節の背屈

特に立脚後期はセラピーにおいて課題となることが多いかと思います。

ここに関わる体制感覚情報の理解は、アプローチにつながる推論の支えとなります。

遊脚期移行のトリガーとなる股関節伸展

立脚期の股関節伸展が大切な理由は、遊脚期移行のトリガーとなるためです。

股関節屈筋の伸張=立脚期の終わり&遊脚期の開始

この感覚情報の解釈はポイントかと思います。

足先の躓きや引っかかりなど、遊脚期移行の問題は臨床上場面でも遭遇します。

・躓かないよう大きく足をあげる(股関節の過屈曲)
・視覚で確認する(頸部体幹の屈曲姿勢)
・引っかからないよう身体を大きく傾ける(体幹の側屈)

上記のような解決は、皮質による制御の影響が大きいかもしれません。

また、リズミカルな四肢運動(脊髄制御)は得られにくいように思います。

遊脚期移行の問題解決には、「立脚期の股関節伸展」のアプローチを優先することが重要と考えます。

簡単に言うと、「しっかり伸びて支えることができる!」ここの課題解決を優先すべきと思います。

短期的な課題解決よりも、長期的な適応を考えることが大切と考えます。

姿勢制御と足部の発達

次は、足部の感覚について発達の視点で捉えます。

乳児の足部は「プニュプニュ」と柔らかいです。

この時期に身体を抱えて、足を床面につけると歩くような運動パターンが出現します。

ですが、立位姿勢を制御することはできません。

もちろん、一人で歩くことも難しいです。

幼児になると、足部筋は粘弾性を伴い、アーチの形成されていきます。

この時期の歩きは、急に止まれない、つまずいてしまう、ぶつかってしまうなど転ぶことも多いかと思います。

足部は感覚を受け入れる器官として重要です。

片麻痺患者さんの足部とパフォーマンスを考える上で、発達の視点は参考になるかと思います。

立脚期/遊脚期のゴルジ腱器官の働き

歩行におけるゴルジ腱器官(GTO)の役割について示されています。

【GTOの役割の違い】
立脚期:下肢伸筋の促通
遊脚期:下肢伸筋の抑制
立脚期と遊脚期の役割に違いがあることはポイントです。
立脚期の足関節制御にヒラメ筋(SOL)と腓腹筋(GAS)は重要です。
・SOLの短縮
・GASの不均衡(内側頭の過活動、外側頭の低緊張など)
・アキレス腱のマルアライメント
片麻痺患者さんのSOL・GASの働きは、タイミング・強さに非効率性があることも多いです。
筋肉・腱のコンディションを丁寧に分析することが大切と考えます。

足底の皮膚機械受容器

足底の皮膚機械受容器の分布が示されています。

・受容器の密度
・適応の速度

これらは、感覚の変位や識別を考える上で大切と言えます。

メルケル盤やマイスナー小体は、小趾側に高密度に分布しています。

これらは、足底外側の荷重のセンサーとして働き、側方へのバランス制御に貢献している可能性が考えられます。

立脚期において、側方のsway(揺れ)が大きく、足底外側の荷重を知覚しにくいケースを経験します。

セラピーを通して不足している感覚情報を提供し、パフォーマンスへの影響を推論することが大切と考えます。

まとめ

本日は、【歩行制御】立脚期を調整する体性感覚情報の役割というテーマで書きました。

立脚期の安定性と動きの調整に、体性感覚情報の理解は不可欠です。

パフォーマンスにつながる体性感覚情報を考えることが大切と考えます。

 

以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

少しでも明日の臨床につながれば幸いです。

References

1.E Paul Zehr et al.Regulation of arm and leg movement during human locomotion.Neuroscientist.2004

2.Clare C Maguire et al.The influence of walking-aids on the plasticity of spinal interneuronal networks, central-pattern-generators and the recovery of gait post-stroke. A literature review and scholarly discussion.J Bodyw Mov Ther.2017

3.Yury Ivanenko,Victor S Gurfinkel.Human Postural Control.Front Neurosci.2018

4.Laurie Lundy-Ekman.Neuroscience – E-Book: Fundamentals for Rehabilitation. Elsevier Health Sciences, 2017.pp250

5.Frederic J F Viseux.The sensory role of the sole of the foot: Review and update on clinical perspectives.NeurophysiolClin.2020